2017 / 11
≪ 2017 / 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


明日は『平成の寺子屋』

嬉しいことにもう20回目を迎えます

明日は『しのぶ庵』の三代目の社長でいらっしゃり

大阪維新会の理事長でもいらっしゃる大橋正伸氏を

お迎えします~

10代~40代限定です!

事前勉強会で平成の寺子屋の4つの柱の一つである

心の地産地消についてお話しようと思い

江戸時代の寺子屋について調べておりました

幕末、寺子屋(この言い方は関西が中心で江戸では手習指南所などと呼ばれていたそうです)

は、なんと全国に15000校もあったのです

教育機関としては、官立の昌平坂学問所、

藩学(藩校)、私塾、そして寺子屋となるわけですが、

寺子屋は、浪人、村役人、神職、僧侶、富裕な町人などによって作られ

6~18歳の子ども20~30人を集め、読み書きそろばんといった

日常生活に必要な学問、そして儒教的な日常道徳も教えられました

三つ心、六つ躾、九つ言葉、文十二、理十五で末決まる

といった明確な段階的養育の理念、哲学をもって総合教育を

行っていたそうで、個人に合わせた個人総合教育だったのですね~

庶民が支えた教育、それは親の意識も高かったということ

学ばせる、学ぶという熱心な姿があったということなのでしょう

明治以降の公教育を支えたのは、この寺子屋があったればこそ

公教育のあり方が問われている今だからこそ

この原点を見つめなおす必要があるのでしょうね

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ

どれか、ポチっとクリックお願いします!

スポンサーサイト


この記事へコメントする















あったかVOICE

Author:あったかVOICE
代表:茜 改め Yumiko (3月5日大阪生まれ。A型)
ウェディング、各種パーティー、コンサート、セミナーなど。
大切なセレモニーの司会を『声』でサポートをいたします。
発声、朗読、話し方のレッスンも行います。お気軽にご連絡ください!
にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング参加中→クリックお願いします!

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。