FC2ブログ
2008 / 07
≪ 2008 / 06   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2008 / 08 ≫

◎授かりし 時をばいかに 歩まんと

     用意されし ものなればこそ

母と朝、語り合いました
父が亡くなったときのことを思い出しますと
死ぬということも、用意されたもの
自分で息を止めるわけでもなく
自分で時間を決めるわけでもなく
そう考えますと、生も死も与えられたものプレゼント

その始まりと終わりが用意された間を
どう生きるのか、ということが
人生なんだなって思いました


にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ


▼続きを読む▼


スポンサーサイト